DHI(デンマーク水理環境研究所)は、様々な水環境問題を対象としたコンサルティング・調査研究を、デンマークを拠点として国際的に行っている独立非営利機関です。設立から50年の歴史を持ち、世界140ヶ国以上での実績を有します。DHIでは、この水問題に対する革新的かつグローバルな豊富な知識や経験の共有を図れるよう、様々なソリューションの研究開発、展開を行っています。MIKE by DHI は,DHIが開発しているソフトウェアのブランド名です。全世界で様々な用途に使用されるスタンダードモデルとして、他モデルの実用性検証の比較対象としてベンチマークの一つになっています。 昨今の気候変動に伴い、水に関わる現象が複雑・多様化してきており、水技術者・研究者に求められるスキルも今後更に高まっていくことが想定されます。DHIでは、 世界最先端水準のソフトウェアを維持するために、研究投資を惜しみません。そして、その最新研究成果を常にモデルに組み込み続けています。それゆえ、MIKEソフトウェアを使用することは、常に世界最新技術を使用することであり、ユーザーの投資に見合うだけの価値を提供し続けます。

DHI Representation - Japan

DHIソリューションについて

DHIソフトウェアは、DHIにおける多くの科学的研究成果や世界各地でのコンサルタント業務での使用実績に裏打ちされた水環境シミュレーションモデルです。MIKE by DHIソフトウェアでは、統合的水循環モデルをはじめ、降雨から流出解析、河川、湖沼、海洋の水理解析まで、更に上水道・下水道解析まで、あらゆる水問題のトータルサポートが可能な製品ラインナップを揃えております。更に、FEFLOWでは、浸透流、地中熱、物質移動等地盤中における土中水の挙動や地中熱の予測、汚染物質移動等の現象のシミュレートが可能です。

DHIソフトウェアの構成としては、ソルバー機能だけでなく、様々なプリプポスト機能がついています。GUIによる効率的なモデル構築及び結果表示が可能です。また必要モジュールのみを購入することが可能であり、統一されたデータフォーマットにより様々なMIKEソフトウェアと統合可能です。

DHIでは“More than just software!”をコンセプトに、ソフトウェアだけでなく、技術サポートも含まれています(購入初年度は無料)。技術サポートは、ソフトウェアの使用方法のみならず、DHIの多くの経験に裏打ちされた、より高度なサポートを提供しています。また全世界にサポートセンターが設置されています。DHIソフトウェアの有用性は、デモ版のダウンロードやウェブベースのデモンストレーションへの参加することによって、ぜひご確認ください。

ソフトウェアはデンマークをはじめ、世界29カ国の事務所から購入することが可能です。

MIKE by DHIソフトウェアは、全世界で数千のユーザーが使用しており、氾濫対策や構造物の最適設計、水質問題など地域の問題から気候変動などグローバルの問題にまでに活用していただいています。FEFLOWは浸透流解析から地中熱ヒートポンプ、原発汚染水問題等に多目的に活用されています。

DHIソフトウェアには、毎年多くのユーザーからのフィードバックや最新研究によって改善されています。また国別や地域別、さらに全世界のユーザーを対象としたユーザーカンファレンスを開催しており、ユーザー同士の情報交換が可能です。

詳細はこちら

当社のブランド

日本での今後のトレーニングコース

日本での今後のトレーニングコース[EN]

26-28 Apr
3 days
MIKE SHE In this three-day course you learn about the physical and modelling aspects of all the processes in the hydrological cycle and fully coupled and fully integrated surface water and groundwater modelling. Japan
16-17 May
2 days
MIKE URBAN COLLECTION SYSTEMS This two-day course gives you an introduction to data management and numerical modelling of urban collection system networks (separate and combined) in order to enable you to set up and run simple MU CS models. Japan
12 Jun
1 day
MIKE HYDRO RIVER This one-day course gives you an introduction to the capabilities of the MIKE HYDRO River modelling system in order to enable you to set up and run basic river models with MIKE HYDRO River. Japan
13-14 Jun
2 days
MIKE 21/3 FLOW MODEL HD FM This two-day course aims at enabling you to set up and run flow simulations with MIKE 21/3 Flow Model HD FM using the using flexible mesh bathymetry, advanced data preparation and editing facilities and presentation tools. Japan
19-21 Jun
3 days
MIKE HYDRO RIVER ECO LAB This three-day course teaches you the fundamentals of ecological modelling and gives you an introduction on how to develop an ecological model and set it up using MIKE HYDRO River ECO Lab. Focus is on 1D systems. Japan
18 Jul
1 day
FLOOD FORECASTING AND EARLY WARNING This one-day course gives you an introduction to flood forecasting focusing on how they are built and how they are used by managers and operators during emergency situations. Japan
19-21 Jul
3 days
MIKE FLOOD This three-day course teaches you the integration of the 1D urban drainage model (MU CS), 1D river model (MIKE HYDRO River) and the 2D overland model (MIKE 21) into one comprehensive dynamically coupled model. Japan
8-9 Aug
2 days
FLOOD MODELLING WITH FLEXIBLE MESH (FM) This two-day advanced course aims to teach you how to improve your flood modelling projects by using flexible meshes. The emphasis is on the added value of using flexible meshes compared to rectangular grids. Japan
11-12 Oct
2 days
MODELLING OF STORM WATER FOR GREEN CITIES This two-day course gives you an introduction to different approaches to the modelling of various types of green infrastructure in MIKE URBAN and their effect on different types of storm events. Modelling of storm water quality is also included. Japan